2009-01-01から1年間の記事一覧

ヤマロ・ネネツ族Yamalo-Nenets(22)

青森県から出土されている遮光器土偶のマスクと同じ紫外線避け遮光器。円形で縦型に覗き溝のある遮光器もある。半年以上も夜が続き、闇夜にすっかり目が慣れると、太陽が出始める季節に雪原が見えなくなる。その時にも着用している。青森県と東北一帯、日本…

KAL007便生存者存命の可能性(21)

CI120中華航空機炎上Video那覇空港1997年 Open this video from Japanese version please この状態であれば、燃料タンクが爆発した後でも乗員乗客は怪我が無ければ脱出する事ができる。燃料タンクの爆発は、ボワンとした爆発だった。非常口を開けると脱出用…

JAL123 航空機事故を参考(20)

航空機事故の機内状況が、その生存者によって記録として知らされる事は少ない。航空機事故の現実は下記のようであった。 日本航空123便墜落事故 1985年8月12日午後6時56分 高度7,200m 死亡520人 生存4人 墜落地点:群馬県多野郡上野村御巣鷹の尾根 JAL ボー…

国連裁判で「意図された領空侵犯」の判決理由(19)

国連裁判で「意図された領空侵犯」の判決理由 KAL007コクピットのミサイル攻撃される前の会話で「Thank you out.」と言った人は誰か。そしてその意味は何か。「ありがとう。アウト。」の意味があるが30年間引っ掛かりがあり、捕まった意味か、終わりだの意味…

精神矯正収容所と精神医療(18)

北極海に面した北方シベリアでは古来からシャーマンの宗教的儀式にイボテン酸を含むベニテングタケが用いられていた。それは精神に作用する薬物LSDで、微量であれば心地良さがあり、少し多くなると幻覚作用ある。 LSDは、1953年にカナダで開発され、囚人の社…

ラリー・マクドナルド議員の運命(17)

ローレンス・ラリー・パットン・マクドナルド議員の消息 Lawrence Larry Patton McDonald 1983/His face-photo on News paper 1983/From the video scene of ①Chukotka EALAT Info,March 2008(元合衆国の乗客)1985~1990年 ②民間人捕虜たちを載せた?トラ…

アブラハム・シフリンの再調査-2(16)

<ソビエト連邦の刑務所、精神犯、強制労働集中キャンプの調査センター> ディレクター:A.シフリン (プレスリリース) 1989年、私たちの調査センターは、1983年9月1日にアラスカのアンカレッジからソウルに飛ぶKAL007大韓航空のボーイング747が日本海でソ…

アブラハム・シフリンの再調査-1(15)

1993年まで、KAL007の乗員乗客は全員死亡とロシア共和国大統領ボリス・エリツィンによって宣告されていたが、アブラハム・シフリンはKAL007便の生存者がいる事を告発した。シフリンの話によれば、乗客はKGBによって捕らえられ、荷物と一緒に矯正収容所へ連れ…

KAL007事故後の遺体処置_推理(14)

日本の遺族とロシア海軍による残骸掘り起こし1993年 捕虜収容所日本人墓地2007年8月1日 戦時下における特殊法令の場合、機内に残っていた乗員乗客の部分遺体は、9月4日から6日以内に網に集めてモネロン島で火葬した。機内にあったバッグや手荷物、衣服内のパ…

ロマネンコ将軍と乗員乗客の靴(13)

Floating on water after the crashing of aircraft 「CIA報告」米国共和党局員によるCIAへの報告書草稿 スミルニク空軍基地戦闘機師団長代理ノボセレツキー中佐は、日の出時刻30分前に救助ヘリコプターMi8を墜落地点付近へ送るように指示し、極東軍管区司令…

バディム・コンドラバエブの報告(12)

海底の航空機ウィング 1983年9月10日の夜、私は他のダイバーたちとバレンツ海で救助艇とダイビングの仕事に取り組んでいました。そうしたら航空母艦が接近してきて、16人のダイバーたちと一緒に、直ちにタタール海の事故現場まで行くように命令されました。…

消えた乗員乗客(11)

燃料タンク内のガスが噴出して燃えている墜落飛行機 "But there was no fire in the Boeing - that is for sure. Things ware intact, although all thoroughly saturated with kerosene" Izvestia 6 February 1991. 「しかし、ボーイングに火事はありません…

コクピット・ボイステープの信用性(10)

Black-box:航空機用ブラック・ボックスは、目立たないように工夫され、最大400時間以上収録する事ができる物もある(航空機用は2時間以上)。奥がコクピット・ボイス・レコーダー、真中がフライト・レコーダー KAL007操舵室に設置されてあったブラックボッ…

KAL007_コクピット会話Ⅱ(9)

Boeing747-230B 下の機器がINS機長 チュン・ビュン・イン Chun Byung-In 千炳寅 副操縦士ソン・ドン・フイ Son Don-Fui 航空機関士キム・ユイ・ドン Kim Yui-Don <グリニッジ標準時間GMT18:00:00 日本時間JST03:00:00> 18:15:52 聞き取れる程度の音でモー…

KAL007_コクピット会話Ⅰ(8)

Boeing747-230B コクピット <3:15:52-3:27:46a.m. 1st Septmber 1983> 機長チュン・ビュン・イン Chun Byung-In 千炳寅 副操縦士ソン・ドン・フイ Son Don-Fui 航空機関士キム・ユイ・ドン Kim Yui-Don03:01:03 Kim 「人はこのように生きなければなりませ…

綾里大気環境観測所(7)

Korean Air Linesの航路上空/綾里崎から牡鹿半島。右側:大気環境観測所 大船渡市綾里崎に気象ロケット観測所(現在:大気環境観測所)があり、その観測所では、1976年ごろから70km上空まで気象ロケットを打ち上げ、対流圏(0〜11km)・電離層(20〜25km)・…

貨物とトランクは何処に(6)

Boeing 747-400F 海底に沈んだKAL007の残骸付近には、貨物室にあったコンテナとその中の多くの荷物や郵便物、450個の乗客のトランクも無く、機内座席に運ばれた荷物しか残っていなかった。 機長の判断としては、貴重品と起爆物が積まれている場合、落下させ…

KAL007事故後の作業(5)

ボーイング747-300の離陸 <KAL007フライト事故情況の真実> ブラックボックスのテープ内容からKAL007事故情況の事実がはっきりする。 9月1日3時00分 3人のパイロットたちは既に起きていた。「秋には1日休んでソラク山へ紅葉でも見に行きたいなあー」と、英…

KAL007事故後の作業(4)

ボーイング機の機体下部の破片は流されずに海底に沈み、細かな肉片や軽い荷物は潮流に流されるため、1時間2時間すると何キロメートルも離れ、場所が別々になる事は明らかだった。 KAL007機内に残された特定できる遺体を運んだ後、時期としては9月5日から9月9…

KAL007事故後の作業(3)

ミハイル・ミルチンク号(The Mikhail Merchink)はモネロン島北26kmの所でKAL007の回収作業をしていたのは事実として記録されている。潜水艇2隻とダイバーたちによって19箇所で潜水作業を行っていた。スウェーデン製石油掘削船ミルチンク号は、KAL007が撃墜…

KAL007事故後の作業(2)

ソ連側から出動した救助隊ヘリコプターと同機種Mi-8 1991年ソ連新聞イズベスチア調査取材によるオブザーバー(観察者)の話で、「事故現場の天候はほとんど晴れ、くっきりした空、青色の緑色の水域、嵐なしの秋だった」とある。天気予報では1日目曇りで凪、2…

KAL007事故後の作業(1)

2024年5月20日KAL007乗客遺族 解決の糸口 リンク Boeing 747の着陸 2024年5月改正版 最新記事追加(37) サハリン西側モネロン島北方26kmの海上でKAL007が大爆発した夜明け前のJST3時45分ごろ、その付近の海上にいた一隻のボートが走り出した。ボーイングの…

ソ連参謀総長オガルコフの演説(38)

1983年9月9日 モスクワ記者会見 ソ連参謀総長オガルコフの領空侵犯機に対する演説1.本年9月1日夜ソ連極東において米特務機関によって行われた挑発の本質及びこれに関連するソ連防空軍機関の行動の性格は,9月6日付ソ連政府声明及びその前に政府の委任によっ…

カメンスキー中将(ソコル防空軍基地コルヌコフ司令官の上司2001年)

1983年春、アメリカ海軍USSミッドウェイは千島列島に近づき、その航空機はソビエト国境を越えてソビエト領空に深く入り込んだことがありました。その時、ソビエト防空戦闘機は濃霧のために飛行場からスクランブルできませんでした。その結果、この事件を調査…

1983年8月31日の気象状況(38)

<静止衛星Himawari2/GMS-2による画像-夜間用赤外線カメラ> UTC1983.08.31.12:00 JST1983.08.31.21:00 Himawari2/GMS-2 UTC1983.08.31.16:00 JST1983.09.01.00:00 Himawari2/GMS-2 UTC1983.08.31.19:00 JST1983.09.01.03:00 Himawari2/GMS-2 UTC1983.8.31.1…

海の底のKAL007残骸と乗客(39)

キルギス機長と本人が設計した調査潜水艇/Discovery:Unsolved history KAL007 KAL007が爆発した1983年9月1日、6隻のソ連海軍艦艇と1日平均32隻のソ連船が事故現場領海付近に出動していた。ソ連以外の国々の船からは、KAL007の事故の規模と状態が解らず、様…

アナトリ・コルヌコフ極東司令官(40)

ソ連防空軍側で公表した文書(1993年ICAO報告書)によると、Su-15TMのミサイルが命中した後、GMT世界標準時間18時28分(日本時間3時28分)、その標的KAL007は北へ向かった。標的は、8分後5000mまで降下し、モネロン島上空で2回旋回。螺旋状にさらに降下した。…

KAL007の爆発と千鳥丸(41)

夜明け前にモネロン島北25km〜30km、サハリン西沿岸から約50km沖で操業していたイカ釣船第58千鳥丸(Chidori-maru)は、けたたましい音をたてながら頭をかすめるほど低空飛行だったボーイング機が、モネロン島(海馬島)北側沖(北緯46度35分、東経141度20分付…

KAL007事故原因(42)

1983年8月31日、アンカレッジ空港は夕方から夜にかけて曇り。アンカレッジの過去のお天気データーでは、だいたい曇り。 JST:1983.9.1.3時10分00秒 観測地点北海道-青森:半月,下弦の月,月齢22.952,輝面比46.936% UTC1983.08.31.16:00,JST1983.09.01.00:00,Him…

落下したKAL007の乗員乗客(43)

UTC:1983.8.31.18:00 JST:1983.9.1.3:00 Himawari2 赤外線天気図 1983年9月1日は、タタール海モネロン島北側上空に周りより厚い雲が約50kmの幅でシベリアから北海道北側(北東から南西)へ流れていた。モネロン島北側上空の雲は、4,000mから500m。白く細長い…