AUTOMATIC TRANSLATION 15 LANGUAGES

AUTMATIC TRANSLATION 15 LANGUAGES Click the title name of " AUTOMATIC TRANSLATION 15 LANGUAGES " from a basic site in Japanese, and select only one from the following languages, please. English Korean Air Lines Flight 007 Russian Інцидент …

KAL007大韓航空機撃墜事件に関する目撃録2

KAL007 大韓航空機撃墜事件に関する目撃録2 米軍偵察機RC-135は、ソ連極東の領空侵犯を既に行っていた。国連事務総長ハビエル・ペレス・デ・クエヤル時代(1981〜1992)の国際司法裁判(国連裁判)において、米国大統領ロナルド・レーガンは、RC-135によるソ連…

KAL007 大韓航空機撃墜事件に関する目撃録1

KAL007 大韓航空機撃墜事件に関する目撃録1 >ENGLISH 目撃や証言は、部分的な事実として信憑性があり、KAL 007についての報告・目撃は、場所の違い、時間的なズレ、訳語としての多少の違いがあるとしても全て事実と考えられる。目撃談以外は、国際水域や日…

この文章を書くまでの経緯_3

水没したボーイング747(KAL007)と乗員乗客の遺体 2016/04/14>ENGLISH スウェーデン製ミハイル・ミルチンク号が1983年9月3日から回収作業をしていた場所は、46"27N,141-13Eで、モネロン島北26km地点付近だった。ミルチンク号の外見はスウェーデン製石油掘削…

この文章を書くまでの経緯_2

この文書を書くまでの経緯_2 >ENGLISH 2005年頃、KAL007事故現場付近の中立海域で潜水し、確認したことのある日本の民間人ダイバーによるブログを読み、考えさせられたことがあった。海底に引きずった跡のある海域は国際水域(中立地帯)で、「実際に潜水し…

この文章を書くまでの経緯_1

この文書を書くまでの経緯_1 >ENGLISH 1983年9月1日、大韓航空機が撃墜された日、私はテレビも無く新聞も取っていない暮らし方だった。その夜、大学の友人である橋詰から電話がかかり、中沢がその便に乗っていたという知らせを受けた。驚きというより信じる…

チュンビュインKAL007機長

Chun Byung-In KAL007機長 サハ・ヤクティア共和国のレナ川には、シベリアチョウザメの他、カラフトマスやアメマス、キングサーモンが遡上している。ロシア人は、ウォッカを飲みながら天然冷凍保存されたサケやマスなどの魚を削り、魚も常食としている。レナ…

核戦争後の世界

核戦争後の世界 1983年、大韓航空機撃墜事件後の10月31日と11月1日の2日間、アメリカ合衆国ワシントンDCで行われた「The World after Nuclear War」の記録があり、生物学者Paul R.Ehrlichと 天文学者Carl Saganによって「THE COLD AND THE DARK」としてまと…

米国ジョージ・シュルツ国務長官「生存者はいない」公表の根拠

「生存者はいない」の根拠 →ENGLISH KAL-007が撃墜された翌日、アメリカ・ニューヨーク時間(UTC-4)9月1日午前11時45分、米国ジョージ・シュルツ(George Pratt Shultz)国務長官が、記者会見とテレビニュースで正式に発表した「生存者はいない」という根拠が…

KAL007乗員乗客リストと座席番号(2)

KAL007乗員乗客リストと座席番号(2) 242Steckler StuartMrOsaka,JapanUSA 37G243Stevens HirokoMrs26Somerville,MAJapan35K244Swift Frances40 Detroit,MI USA27D245Takemoto KyonoriMrTama,JapanJapan32A246Takemoto TomikoMrsTama,JapanJapan32B247Tanak…

KAL007乗員乗客リストと座席番号(1)

KAL007乗員乗客リストと座席番号(1) Num Name Title Age State Country Seat 001 Ahn In-Soo Ms 28 Bronx, NY USA 38D 002 Diane 003 Ariadej Sammy Baby 8 months Bronx, NY USA 38D 004 Avecilla Josefina Miss 40 New York Philippines 49A 005 Yoon-Jo…

中沢建志Takesi Nakazawa(1958-1983.9.1)

中沢建志Takesi Nakazawa(1958-1983.9.1) 25 才, 1982年12月28日 中沢建志は、1958年、神奈川県で生まれた。彼は、16才から東京池袋のSuidobata美術学院夜間部に通っていた。東京芸術大学を受験するため、そこで木炭デッサンや油彩画を学んだ。中沢は実技…

KAL007乗客の行方:中沢建志

KAL007乗客の行方:中沢建志 KAL007の生存者がいるか、いないか。本当に全員死亡した事件か。はっきりしないため、仕事に就いていた時は関わりを持たず、すっかり忘れてしまいたかった。そう割り切った方が、神経を集中しやすかった。しかし、昔、友人だった…

大韓航空機撃墜事件の概略

大韓航空機撃墜事件の概略大韓航空機Boeing747-230B_HL7440/HL7442が事故機で2Fの窓数3と10の違いがある ニューヨーク・ケネディ国際空港発JST13:05、アンカレッジ経由(JST21:50)ソウル行き大韓航空機KAL007は、1983年8月31日JST9月1日1時30分、カムチャッ…

ヤマロ・ネネツ族Yamalo-Nenets

ヤマロ・ネネツ族Yamalo-Nenets 青森県から出土されている遮光器土偶のマスクと同じ紫外線避け遮光器。円形で縦型に覗き溝のある遮光器もある。半年以上も夜が続き、闇夜にすっかり目が慣れると、太陽が出始める季節に雪原が見えなくなる。その時にも着用し…

KAL007便生存者存命の可能性

KAL007便生存者存命の可能性 →ENGLISH CI120中華航空機炎上Video那覇空港1997年 Open this video from Japanese version please この状態であれば、燃料タンクが爆発した後でも乗員乗客は怪我が無ければ脱出する事ができる。燃料タンクの爆発は、ボワンとし…

JAL123 航空機事故の比較

JAL123 航空機事故の比較 Automatic English translation 参考ビデオ:JAL123 01 02 航空機事故の機内状況が、その生存者によって記録として知らされる事は少ない。航空機事故の現実は下記のようであった。 日本航空123便墜落事故 1985年8月12日午後6時56分 …

オゾンホールと地球温暖化

オゾンホールと地球温暖化 [ ] Tarctic and Antarctic records by Canada Ozon Maps 2009-10-15 南極のオゾンホールは黄緑色の部分で、時間ごとに形状と穴の大きさが拡大縮小、時には2つ3つに分離し、揺らぐように変化している。南極の場合、オゾンホールの…

精神矯正収容所と精神医療剤

精神矯正収容所と精神医療剤 北極海に面した北方シベリアでは古来からシャーマンの宗教的儀式にイボテン酸を含むベニテングタケが用いられていた。それは精神に作用する薬物LSDで、微量であれば心地良さがあり、少し多くなると幻覚作用ある。 LSDは、1953年…

ラリー・マクドナルド議員の運命

ラリー・マクドナルド議員の運命 JAPANESE→ENGLISH シフリンのリサーチ情報によれば、米国民主党下院議員マクドナルは、1983年9月8日、ソブガバン基地から飛行機でハバロスク経由でモスクワへ輸送された。モスクワ市内のKGB監獄ルボヤンカで尋問を受けた後、…

アブラハム・シフリンの再調査(2)

アブラハム・シフリンの再調査(2) アブラハム・シフリンとリサーチセンターの情報 KAL007で生き残った乗員乗客が救出された結果、サハリンKGB基地へ連行されたとシフリンは断定している。1983年9月4日までサハリン対岸のシベリヤ本土ソビエツカヤ・ガバンK…

アブラハム・シフリンの再調査(1)

アブラハム・シフリンの再調査(1) 1993年まで、KAL007の乗員乗客は全員死亡とロシア共和国大統領ボリス・エリツィンによって宣告されていたが、アブラハム・シフリンはKAL007便の生存者がいる事を告発した。シフリンの話によれば、乗客はKGBによって捕らえ…

KAL007事故後の遺体処置推理

KAL007事故後の遺体処置推理 捕虜収容所日本人墓地 2007年8月1日 機内天井で溺死していた人々は、最初、ユジノサハリンスクの総合病院にヘリコプターで運ばれた。 戦時下における特殊法令の場合、機内に残っていた乗員乗客の部分遺体は、9月1日から6日以内に…

ロマネンコ将軍と乗員乗客の靴

ロマネンコ将軍と乗員乗客の靴 Floating on water after the crashing of aircraft 「CIA報告」米国共和党局員によるCIAへの報告書草稿 スミルニク空軍基地戦闘機師団長代理ノボセレツキー中佐は、日の出時刻30分前に救助ヘリコプターMi8を墜落地点付近へ送…

バディム・コンドラバエブの報告

バディム・コンドラバエブの報告 海底の航空機フレームとフロアー 1983年9月10日の夜、私は他のダイバーたちとバレンツ海で救助艇とダイビングの仕事に取り組んでいました。そうしたら航空母艦が接近してしてきて、16人のダイバーたちと一緒に、直ちにタター…

消えた乗員乗客の謎の解明

消えた乗員乗客の謎の解明 燃料タンク内のガスが噴出して燃えている墜落飛行機 "But there was no fire in the Boeing - that is for sure. Things ware intact, although all thoroughly saturated with kerosene" Izvestia 6 February 1991. 「しかし、ボ…

コクピット・ボイステープの信用性

コクピット・ボイステープの信用性 Black-box:航空機用ブラック・ボックスは、目立たないように工夫され、最大400時間以上収録する事ができる物もある(航空機用は2時間以上)。奥がコクピット・ボイス・レコーダー、真中がフライト・レコーダー KAL007操舵…

KAL007_コクピット会話2

KAL007最後の機内会話(2) Boeing747-230 <3:15:52-3:27:46a.m. 1st Septmber 1983> 機長 チュン・ビュン・イン Chun Byung-In 千炳寅 副操縦士ソン・ドン・フイ Son Don-Fui 航空機関士キム・ユイ・ドン Kim Yui-Don <グリニッジ標準時間GMT18:00:00 日…

KAL007_コクピット会話1

KAL007最後の機内会話(1)<JST3:00:00a.m. 1st Septmber 1983> B747-230B_35,000feet(10,668m) ミサイル命中前後の機内放送とパイロット3人の英文和訳と解説 機長 チョン・ビュン・イン Chun Byung-In 千炳寅 副操縦士ソン・ドン・フイ Son Don-Fui 航…

綾里大気環境観測所

綾里大気環境観測所 Automatic English translation Korean Air Linesの航路上空/綾里崎から牡鹿半島。右側:大気環境観測所 大船渡市綾里崎に気象ロケット観測所(現在:大気環境観測所)があり、その観測所では、1976年ごろから70km上空まで気象ロケットを…